メニュー

導入のポイント - 太陽光発電など、再生可能エネルギーで土地を有効活用|株式会社CFCコンサルティング

tel:03-5876-4940

導入のポイント

ポイント1買取価格・買取期間が保証されている

太陽光発電買取価格買取期間
2017年度 21円 20年間
2018年度 18円 20年間

ポイント2買取先が電力会社であり倒産リスクが低い

調達された電気の買い取り先は電力会社(東京電力等)の為、倒産のリスクが極めて低い為、安定した売買が可能となっております。

ポイント3安定した利回りを確保できる

買取価格が下落する一方で、利回り自体は大きく変わっていないのには理由があります。

  • 商品価格の下落
  • 工事費用の下落
  • 商品性能の向上
  • 発電実績と詳細な実績データが多い
  • 保険内容の充実により、リスクが減少

導入までの流れ

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(改正FIT法)

2017年4月より、固定価格買取制度が改正されました。
これまで買取価格は再生可能エネルギーの種類と規模によって年度ごとに決定されましたが、発電設備が認定を受けた時点で買取価格が固定され、運転開始後は買取期間(10~20年間)を通じて同じ価格で電力を買い取る方式となります。

詳しくは「経済産業省資源エネルギー庁のHP」をご覧ください

2018年度の償却資産税の軽減税制

*中小企業経営強化税制による償却資産税2分の1軽減特例

  平成28年7月1日~平成31年3月31日までに取得・連系される設備について、

  一定の要件のもと、当社3年間の償却資産税額が2分の1となる旨の特例

 

*新税制生産性革命税制による償却資産税2分の1等軽減特例

  特例率は、3年間、ゼロ以上1/2以下で市町村の条例で定める割合

  当該特例措置は、集中投資期間(平成30年度~32年度)に限定

  

*再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例措置(固定資産税)

  固定資産税が課せられることとなった年度から3年分の固定資産税に限り、課税標準を軽減

  (例:太陽光発電設備(固定価格買取制度の認定を受けたものを除く)1000kW未満 3分の2)

 

☆これらの特例は、重ねて適用はできません。いずれかを選択することになります。

☆再エネ設備の償却資産税に精通した専門家をご紹介いたします。

「中小企業経営強化税制」による償却資産税2分の1軽減特例

2016年(平成28年)7月1日から2019年(平成31年)3月31日までに、取得・連系される設備について、当初3年間の償却資産税額が2分の1となる特例。

この特例を受けるためには、所定の要件を満たす必要があります。

申請手続きは、太陽光発電事業および本業の事業計画策定、事業分析等を行うなど複雑な申請が必要となっております。(申請代行サービスを行っている企業を紹介することも可能です。)

Copyright © 株式会社CFCコンサルティング All Rights Reserved. - [login]